アイピル (I-Pill)服用後吐いてしまった場合

まず、アイピルとは望まない妊娠を回避する「緊急避妊薬」です。
アフターピルとも呼ばれています。

アフターピルは遅くとも72時間以内(3日以内)に服用することが
勧められています。
性行為後に早く服用すればするほど成功率が高まるからです。
アフターピルはホルモン値を乱して子宮内膜を無理矢理?がすことで
着床を防ごうとするものです。
アフターピルはきちんとした産婦人科で処方して貰うのをお勧めします。
なぜなら、ピル 通販だと到着するまで時間がかかり、成功率が下がってしまうからです。
いざ避妊に失敗した時の中絶は女性の体にリスクがかかります。
望まない妊娠を確実に回避するためには、性行為後すぐに産婦人科に出向いて
処方して貰うのが1番です。

アフターピルには副作用が多く、その服用後に嘔吐と言うのが1番多い副作用です。

服用後に嘔吐する対処をする方法は、服用の20~30分前に
プリンペラン、ナウゼリンなどの吐き気止めを飲んで
その後、アイピルを飲み安静にしておくことが1番の対処方法でしょう。
その次が頭痛です。
頭痛は、ロキソニンなどを服用しましょう。

アイピル (I-Pill)を通販で買うと1錠×1箱2980円など
産婦人科で処方してもらうよりも割高になってしまいます。
それに、時間がかかり成功率が下がるというリスクも伴います。
それを考えるとピルを通販で購入するよりは性行為後
すぐに産婦人科に行って処方してもらうことをおすすめします。

アフターピルを服用して出血しても、多くの場合は
生理のときと同じ症状である消退出血であることが多いので心配はありません。
ただ、アフターピルを服用して2~3日後や、1週間後などなら生理のための
出血といえそうですが服用後すぐの出血の場合、不正出血のおそれもありますので
次の生理まで様子を見るほうが良いでしょう。

このように負担がかかるのは女性です。
アフターピルはきちんとお医者様と相談して服用しましょう。

☆病院に行くのはやはり恥ずかしい?お守りとして持っておくのも良いと思いますよ!
低用量ピルのオススメ通販