アイピルが排卵に及ぼす影響と乳首の痛みについて

アイピルの服用によって避妊が可能になるのは排卵を止める作用があるからです。アイピルには黄体ホルモンが含まれていて、月経初日から飲み始めるとその日から避妊効果が得られるといわれています。女性の体は黄体ホルモンの作用で排卵が起きます。そして卵胞が黄体に変化して、その黄体が卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンを分泌します。そして、この黄体ホルモンが分泌していると排卵は起こりません。このような排卵が起きない仕組みを利用してアイピルは作られているため高い避妊効果を期待できます。

アイピルには避妊効果だけではなく身体面と精神面の両方に嬉しい効果もあります。月経前困難症では体のだるさ、頭痛、イライラ感、憂鬱などの症状に悩まされる人は多くいます。また、生理不順、月経痛、貧血などで日常生活に支障をきたしている人もいます。アイピルはホルモンバランスを整える作用がありますので、これらの症状を改善する効果があります。さらには、子宮内膜症や排卵障害、子宮体がん、肌荒れなどの予防にも繋がるといわれています。

アイピルの服用で、まれに乳首の痛みや張った感じ、めまい、吐き気、頭痛を訴える人もいるようですが、それらの症状は短期間で数日のうちには回復するといわれています。中には乳首の痛みがひどくて服用に悩む人もいるようです。アイピルの副作用によって乳首の痛みが生じている場合には、服用を中止することで治まるのが普通とされていますが、乳腺といったホルモン感受性の高い人は症状が続き、次回の生理が終わることで解消されます。また、アイピルの副作用からの乳首痛ではなく乳腺炎といった疾患が関係している可能性もあります。気になる場合には病院で診てもらうことで適切に対処できます。