アイピル (I-Pill)は未成年でも服用可能?

これから記述するのは、「アイピル(I-Pill)は未成年でも服用可能か」ということについてです。

まず、避妊を目的として服用するピルには大きく2つのタイプが有ります。
一つは低用量ピルと呼ばれ、適切に服用することでほぼ100%の避妊率が期待できるタイプです。
生理が開始した日から服用することができ、服用したその日から避妊効果が期待出来ます。
もう一つのタイプが、緊急避妊薬と呼ばれるもので、アイピル(I-Pill)はこのタイプに分類されます。

これは何らかの事情により、避妊具を正しく使用することが出来なかった場合に妊娠するのを防止するための薬です。
性交後24時間以内に服用した場合で95%、72時間以内の服用では75%の避妊率が期待されます。
日本国内で購入する場合は産婦人科などで処方されますが、すべての病院で取り扱っているわけではありませんので、確認してから訪れるようにしましょう。
また、保険の適用外の薬であるため、全額自費負担となりますし、取り扱っている病院により価格は異なります。
病院での処方は未成年でも保護者の同意なく受けることが出来ます。

服用後早ければ3日程度で生理がありますが、服用後3週間経過しても生理が来ないという場合は、妊娠の有無を検査する必要があります。