産後の避妊薬について~アイピルと保険証

アイピルは、緊急避妊薬であるノルレボのジェネリック医薬品になります。
緊急避妊薬は中用量ピルとも呼ばれ、避妊に失敗したさいや、避妊を行わない性交を行い妊娠を望まない場合に性交後に服用し妊娠を回避するための薬になります。アイピルは24時間以内に服用すれば95%程度の避妊成功率があるとされていますが、時間が経つと成功率は低下し72時間以内の場合には75%程度になります。アイピルは1錠を服用するだけの仕組みとなっており、ノルレボが2錠で2回に分けて服用しなければならないのに対して手間が掛からないメリットがあります。一方で緊急避妊薬の場合には、急激に身体のホルモンバランスを変化させるため副作用が出やすいリスクがあり吐き気や頭痛などが起こる場合があります。
なお、避妊を目的とした経口避妊薬の場合には保険は適用されないため全額負担となります。そのため健康保険証を持っていなくても持っていても変わりません。一方で、健康保険証を持っていくと保険が適用されるケースとしては月経困難症などがあります。いずれにしても医師が診断して判断するため保険証は持っていく方が無難です。
一方で産後の避妊薬としては、21日後からの服用が可能となっています。ただし産後でも授乳している場合には、乳汁中に薬の影響が出るため、母乳で新生児を育てようと考える場合には避妊薬の服用は避けるのが無難です。特にアイピルのような緊急避妊薬ではその濃度も濃いため新生児へのリスクが高くなります。なお、産後の生理の再開は産後6ヶ月から12ヶ月後になるのが一般的ですが、場合によっては1、2ヶ月で再開するケースもあり、身体の状態を見ながら避妊薬の服用を考える必要があります。