アイピル (I-Pill)は未成年でも服用可能?

これから記述するのは、「アイピル(I-Pill)は未成年でも服用可能か」ということについてです。

まず、避妊を目的として服用するピルには大きく2つのタイプが有ります。
一つは低用量ピルと呼ばれ、適切に服用することでほぼ100%の避妊率が期待できるタイプです。
生理が開始した日から服用することができ、服用したその日から避妊効果が期待出来ます。
もう一つのタイプが、緊急避妊薬と呼ばれるもので、アイピル(I-Pill)はこのタイプに分類されます。

これは何らかの事情により、避妊具を正しく使用することが出来なかった場合に妊娠するのを防止するための薬です。
性交後24時間以内に服用した場合で95%、72時間以内の服用では75%の避妊率が期待されます。
日本国内で購入する場合は産婦人科などで処方されますが、すべての病院で取り扱っているわけではありませんので、確認してから訪れるようにしましょう。
また、保険の適用外の薬であるため、全額自費負担となりますし、取り扱っている病院により価格は異なります。
病院での処方は未成年でも保護者の同意なく受けることが出来ます。

服用後早ければ3日程度で生理がありますが、服用後3週間経過しても生理が来ないという場合は、妊娠の有無を検査する必要があります。

アイピル (I-Pill)服用後の後遺症

アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬です。
緊急避妊薬とは、性行為の後に行う避妊です。

避妊というと性行為時に行うイメージがありますが、性行為時に避妊が失敗することがあります。
たとえば、コンドームをしようしても、途中でコンドームが外れてしまったり、破れてしまった場合です。
なかには、男性がコンドームをつけるのを嫌がったり、性犯罪に巻き込まれて強姦されてた場合もあります。

そんなときに使うのが、緊急避妊薬です。

緊急避妊薬は、性行為後の24時以内に服用すれば、約95%の確率で妊娠を防ぐことができます。
72時間以内に服用すれば約75%の確率で妊娠を防ぐことができます。
性行為後に服用するのが、早ければ早いほど妊娠を防ぐことができます。

アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬の一種です。
薬ですから服用後の後遺症、副作用があります。
下腹部の痛み、吐き気、頭痛などが主な症状です。

この薬を服用した後に起こる後遺症の多くは、妊娠初期に起きるものと似ています。
副作用の大半は、ホルモンバランスの変化によっておこります。

嘔吐などの症状は、エストロゲンというホルモンによるものです。
また、乳房緊張感やむくみ、体液の貯留などを訴える人もいます。