アイピル (I-Pill)の服用方法

女性のみなさんは、緊急避妊薬というものを知っているでしょうか。
普通、避妊というと性行為時に行うというのが普通ですが、緊急避妊薬は性行為後にできる避妊方法です。

緊急避妊薬は、男性がコンドームをしてくれなかった、行為の途中でコンドームが外れたり破れたりして避妊に失敗したときに、不幸にも性犯罪に巻き込まれ強姦されてしまったときに望まない妊娠を回避するために服用します。
アイピル(I-Pill)は、緊急避妊薬の一種です。
妊娠を伴う性行為後の24時間以内に服用すれば95%、72時間以内に服用すれば75%の確率で妊娠を回避できます。

アイピル(I-Pill)の服用方法は、性行為後、少なくとも72時間以内に水と一緒に服用します。
服用後の吐き気を抑えるために食後に服用すると良いでしょう。
もし、アイピル服用後、副作用の吐き気に襲われ、嘔吐してしまった場合には、もう一錠服用するのが良いでしょう。
病院を受診して吐き気止めを処方してもらうのも良いでしょう。
緊急避妊薬は、性行為後、服用するのが早ければ早いほど妊娠する確率が低くなります。
避妊に失敗したら、産婦人科医を受診し、医師に緊急避妊薬を処方してもらい、早めに飲みましょう。