ピルによる健康被害

私たちは子孫繁栄をするために性行為を行ないます。
この性行為には子孫繁栄以外にも役割があります。
相手の体調を把握すること、コミュニケーションを円滑にすること、快楽を追求することなどです。
このことから性行為は男性と女性の永遠のテーマとも言われています。

性行為をする際には子孫繁栄が目的でなければ子供ができないように避妊することが基本とされています。
この避妊にはコンドーム、ペッサリー、ピルなどが使われます。
コンドームは避妊方法の中で最も定番です。
比較的に簡単に手に入れることができ、価格も安く、使用も簡単です。
男性の性器に装着することで見た目にも分かりやすくて手軽なことから利用が多いのです。
この他にもペッサリーなどがあります。
ペッサリーは女性の性器の中に挿入し、精子の侵入を防ぐものです。
最近ではあまり使われなくなっています。
これは挿入するので確認がしづらいのです。
避妊に最も効果があると言われているのがピルです。
これは日本では使われることは決して多くないですが、欧米では利用が日常化しています。
このピルは女性の排卵日に合わせて妊娠しないようにホルモンへ働きかけをするものです。
ピルは副作用が少ないものなので非常に有効なものです。
ピルによる健康被害は使用開始からごく短い期間にあらわれることがあります。
悪心、乳房痛、不性器出血の欠如などです。
これらは使い始めてからしばらくすると減少していきます。