自由診療クリニックが高いと思うなら通販でアイピルを

避妊に失敗すると、妊娠してしまうので、子供が欲しくない場合は困ってしまうでしょう。
中絶すると、お金がかかりますし、心身ともに大きなダメージを受けてしまうので、出来ることならそうなる前に食い止めたいところです。
簡単な方法はアフターピルを使って緊急避妊することですが、クリニックで処方してもらうと、自由診療になるので、1万円近くかかることもあります。
お金に余裕のある方なら気軽に自由診療を受けられるでしょうが、そうでない人もいますから、クリニックに行くことに抵抗を感じる方は、個人輸入代行通販を利用することをおすすめします。
個人輸入代行通販を利用すれば、クリニックの自由診療の際に処方される薬と同じものや、ほとんど変わらないジェネリック医薬品が手に入るので、その方がお得になります。
アフターピルで有名な薬といえば、あすか製薬のノルレボですが、シプラ社が開発したアイピルはそれのジェネリック医薬品なので、ノルレボと成分も効果も同じであるにもかかわらず、安い価格で手に入れることが出来ます。
一般的にコンドームを使っても、避妊効果は約8割といわれていますが、アイピルを服用すれば、性行為後の24時間以内であれば95%の確率で避妊できるので、この薬を使った方が妊娠を防ぐことが出来ます。
ただし服用前にすでに妊娠していた場合は、何の効果もありませんし、妊娠している場合は決して、アフターピルを服用してはいけません。
あくまで緊急避妊用に飲むものであり、薬の効き目が強過ぎるため、低用量ピルのように毎日飲むことは出来ませんが、妊娠する恐れがあるような、万が一の際には非常に役立ちますから、常備しておくと安心です。
アイピルはノルレボに比べるとかなり安く手に入りますから、少しでもお金を節約したい方は、個人輸入代行通販に注文するようにしてください。